Ayuket

ようこそ!

Text

連絡先

8+8120-168-1314

無料でお電話ください!
ロケーション
オカヤマケン, クラシキシ, ナカセ, 363-1144
折りたたんで、もう一度折りたたみます。

私たちのサービス

遊ぶ

Text

賭け

Text

ポーカーのバリエーション

Text

ヘッズアップトーナメント

Text

トーナメント会場

Text

51e9d71b1e
数字を聞かせて
0
トーナメント
0 +
受賞
0 +
幸せなクライアント
0 +
プレイヤー数

最新のアップデート

ポーカートーナメントの最初の放送

ポーカートーナメント

1970年代後期、ポーカーはテレビにいくらか定期的に現われはじめた。ヨーロッパやアメリカでポーカーが人気を博しはじめてから、今まで、様々な時代があった。70年代、CBSはワールドシリーズオブポーカーの最終テーブルの放送をはじめた。このイベントは毎年1時間番組として放送されるようになった。次いでESPNがポーカー番組を放映し、カジノによって放送が随時編成され制作された。

視聴者はプレーヤーの持っているカードを追うことができなかったが、番組は数年間放送に成功していた。プレーヤーが何のカードを持っているかをコメンテーターが解説する、ドキュメンタリー型式での番組を視聴していたのだった。

しかし、1997年、ポーカー番組が大人気になったのは、ヨーロッパでのホールカメラの導入によって、視聴者が視点を拡張しプレーヤーの手札を見られるようになったからである。ホールカメラの特許の名義はWSOPブレスレットを獲得したHenry Orensteinだった。テレビシリーズ「Late Night Poker」で初めてそれが使われた。その後、2000年にPoker Million tournamentの発足時に使用された。100万ポンドのジャックポット賞金によってトーナメントは大人気になり、ホールカメラ使用の効果がさらに拍車をかけた。しかし、残念なことに、Late Night Pokerの番組はイギリスで中止になった。それはヨーロッパでテレビ放送されるポーカー番組がなくなってしまうことを意味した。アメリカでも同様で、ワールドシリーズオブポーカーは、1999、2000、2001年にディスカバリー・ネットワークで1時間のドキュメンタリーとして放送されていた。

ポーカー

よく知られたドキュメント映像作家のSteven Lipscombが監督し、1999年のWSOPのドキュメンタリーを制作した。テレビネットワークが初めて制作したポーカーイベントとして、ディスカバリーチャンネルで放送された。1999年のWSOPが放送のとき、イベント放送の時間、視聴者は倍増した。盛大な反響の後、Lipscombは、ネットワークテレビ、ケーブルテレビにポーカーシリーズを投入する案を持って現れ、未開拓のマーケットへの投資をはじめた。それまでの20年間ポーカーシリーズの大きな視聴記録はなかったため、多くの放送局は契約にサインすることをためらった。

Lipscombが上で示した問題の解決策を考えついたのは2001年のことだった。そして彼は、これを立ち上げるため、女性ポーカー経営者のLinda JohnsonとプレーヤーのMike Sextonに接触した。その後、彼はもうひとりのポーカープレーヤーLyle Bermanとともに、カジノ著作権料を提案した。

2002年6月、すぐに、最初のエピソードがWPTによって、ベラージオ・ラスベガスで撮影された。番組はWPTの勧めで、たくさんのアクションとスリルを満載して、最も注目を呼ぶやり方で製作された。それはとても複雑で時間が食うもので、最初のエピソードの編集に8か月もかかった。時を同じくしてESPNも2002年のワールドシリーズオブポーカーの放映に復帰した。最小限の性能のものでしかなかったが、そこでの最大の呼び物はホールカメラの技術だった。

テレビでのポーカーの歴史はとても刺激的だ!もしあなたが深く掘り下げることを望むなら、知ってほしい話はまだたくさんある。