スケッチブックのトラブルについて

スケッチブックのトラブルについて

こんにちは、あゆけっと準備会です。
2012年10月8日開催の「KeyPoints2」にご参加いただき、ありがとうございました。

ここ何回か「スケッチブック」に関するご相談を受ける機会が増えてきております。
今回注意書き漫画にも記載しましたとおり、「スケッチブック」は、コミュニケーションの手段であり、描いたほうも描いてもらったほうも、本来“幸せスパイラル”になるべきもであると考えております。
しかし、今回お問い合わせいただいた手口について、一部「付きまとい行為」などの悪質と思われるケースも発生しています。同様の事がございましたら、準備会メールフォームからご意見いただければと思います。また、次回以降、イベント当日に同様の事ございましたら、スタッフまでお声かけください。

サークル参加の際に考えていただきたいこと

「予想外のスケブ依頼にちゃんと対処できるように、事前にスケブに関する意思を決定する」ということを考え、有志で作成されたものです。
印刷、画像保存して利用してください
意思決定シート
1.イベント前に入力します。
2.イベント中は、事前に決めておいた内容以外の依頼が来た時「当サークルではそのような指定は受け付けておりません」と毅然と断るなど、事前に対応を考えておいてください。
少しでも、助けとなるお手伝いができればと思います。

しかし、意思決定シートで準備できるのは、あくまでも自己予防策の「心の」準備です。過去の事例にもあるとおり、断っているにも関わらずスペース前にずっと居る、同じお願いを繰り返す事例もあるようです。隣のサークルさん、一般参加の皆さん、困っているサークルさんが居るようでしたら、スタッフまでお知らせください。
会場に居る参加者全体で考えていきたいと思います。
対応といっても、全てを否定することではなく「どうしたら、お互いがうまくやっていけるのか?」ここが大切なところだと思います。
ご協力をお願いします。

過去の事例

報告されている主なケース(複数件あり)

・スケッチブックを頼みに来る。
・「たくさん受けてしまっている、時間がない」などで断るも、なぜかスペース前にずっといる。
・なんとか、スペース前からは移動していただくも、即売会終了間際に再度同じ事を繰返し行う。
・引き取りにこれないので、郵送でいいからとお願いをされたので受けてしまった。

報告されているケース(2)

スケッチブックを頼みに来る。
・内容を聞くと、クリアファイルを提示し特定のキャラクターに対し別の衣装で描いてほしいという要求をする
・スケッチブックではなく、はがきサイズ〜F7サイズの一枚の紙に描くよう要求する
・スケッチブックはどこですかと聞いても、その紙を出すばかりである

コミュニケーションと、注意喚起

サークル参加の皆さんへ

スケッチブックは、原則として、参加者同士のコミュニケーションの場である物です。サークルさんと、一般参加者の信頼において、全てが満了解決することが最良であり、基本原則です。受けたからには、取りに来るまでサークルで責任を持って保管する事が基本原則になります。

サークルさんに当たりましては、受け取らない、お断りするという事が正しい選択肢の1つであることをご認識の上、スタッフに相談するなど自衛手段に関してご検討をお願いいたします。
「受け取らない」という選択肢は、正当なものです。しかし、男性がやってきたら、女性参加者や気の弱いタイプの方は、一人で断るのはとても怖いものだと思います。
まずは、受け取らない事と、その時にスタッフや、お近くのスペースの方にご相談いただければと思います。お近くの方にスタッフを連れてきてもらっても構いません。一緒に、最善の方法を考えましょう。
「ゴネれば描いてもらえる」と思われてしまったら、損をするのはサークルさんのみとなってしまいます。でも一人で悩まないで、みんなで考えていきたいと思います。

参考
サークル用スケブ事前意思決定シート
印刷可能版も作っていただけたそうです。ぜひご利用ください
意思決定シート
有志の方で作成されたスケッチブックの『自己チェックフォーム』です。

一般参加の皆さんへ

お願いする側も、断られたらその場は諦めて次回につなぎましょう。描き手さんも友人・知人のサークルの本を見に行く時間が欲しい事だってあります。自分の事を押し付けるだけではなく、相手のことも考えてこそコミュニケーションが生まれるものです。

全ての参加の皆さんへ

今回は、幣準備会のイベントでこのようなことが起こってしまったことが残念であり、遺憾に思います。同じようなつらい思いをする方が増えないよう、次回巡回の強化とスタッフがサークルさんから声をかけやすいようにする(腕章等、目立つものを身につける等)工夫をしたいと思います。こちら改善していき、本当にみんなが気持ちよく参加できるイベントを目指して参ります。
主催としても、「もう、スケブいやです」という結果にならないよう最善を尽くしたいと思っています。

スケッチブックのトラブルに関する相談窓口について

「Key Points2」において、このような依頼にて受け取ってしまい、困っている参加サークルさんのための相談窓口を以下に設けます。

電話でのご相談
サークル参加案内に記載された電話番号へお電話ください。
電子メールでのご相談
電子メール、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
お困りのスケッチブックの郵送先
東京都新宿区新宿7-21-5-101
「あゆけっと準備会」配島宛
※郵送の際は、サークル名がわかるようにメモを同封してください。準備会から持ち主への返却が出来なくなってしまいます。

お一人で悩まず、準備会までご相談ください。

なお、今回の対応につきましては特例での対応であり、全ての同人誌即売会において通じるものではございません。まずは、サークル各位にて自衛をお願いいたします。

お預かりしたスケッチブックの返却について

メールフォーム
メールフォーム
より、郵送先のご連絡をいただくか、あゆけっとが主催するイベントの会場、あゆけっとの直接参加するイベントにて返却が可能です。
常に持ち歩くわけではありませんので、どのイベントに持ってきてほしいとご指定ください。 参加予定イベントについてはサークル参加案内ページを参照してください。

スケッチブック依頼に関しまして、同様の状態が継続するようでしたら、事前登録制等の処置をとらせて頂く可能性もございます。しかし、このような「規制」という対応は本意ではありません。「好意」で描いてもらっているものであり、これらは参加者への「顧客サービス」ではありません。また、スケッチブックのイラストも、大切な創作物です。

今一度ご理解とご協力をお願いいたします。